ひるね式ぬりえ教室でした

ぬりえ教室201412

地元大阪市の児童養護施設で毎月開催している「ひるね式ぬりえ教室」、今年最後の教室でした。

私にできるかしら……って不安もちょっとありながら始めたこの教室でしたが、職員の方や、ひげおじさんのサポートもあり、回を重ねるにつれ充実してきているように感じます。


この一年、12回の教室を通して、わかったことがありました。
私が子供達に教えているのは、絵の技術ではなく「心」なんだなって。
絵の技術なんてものは、言ってしまえば技法書を読んで実践することである程度体得できます。
それに、子供本人が「絵がうまくなりたい」と思っていないうちから理詰めであれこれ教えることはあまり意味がないように見えます(幼児英語教育にも同じことが言えますね)。

色鉛筆の塗り方だとか、力の入れ方だとかは、あまり重要なことではありません。
私が子供達に伝えたい、教えたいことは、そんな手先の動かし方ではなく、もっと子供ひとりひとりの奥にある、感情だったり、気持ちだったり、そういう部分の話なんだな、って気づきました。
絵を描くことの楽しさ、自分の世界を表現することの開放感、思いやりの心、怒りの感情のコントロール、道徳観……。
大切なのはそこら辺。
「絵」は、それを伝えるための媒体でしかなく、絵が目的じゃないんだな。


それともうひとつ分かったことは、子供は、こちらが真剣に、そして分かるように話せば、ちゃんと理解してくれるってこと。
子供の感情や「?」って思う気持ちを無視したごり押し説明は、子供をさらにかたくなにさせてしまいかねません。

子供の言動をこまかく観察すること。
私が発する言葉を、子供は、私が思っている以上に重く受け止めることがあるから、言葉選びに注意すること。
この二つに特に気をつけるようになりました。


それにしても、子供のパワーってすごいですね!
一分一秒の間に、頭の中、心の中がぐるぐると変化しているようです。
異世界にプラグかなにかでつながっているんじゃないかって思うくらい突拍子もないことをやってみたり、こちらがハッとするほど真理をついたことを言ったり。

2015年も、真っ正面から子供たちに向き合っていこうと思います。













2014年12月29日 *06:43│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ラスポンチャスとは?


ラスポンチャスは
頭巾をかぶった6人ぐみ
好奇心いっぱいのおんなのこ
どこへいくにも
いつも一緒の6人だけど
ひとりだけ
よそ見をしている子がいるよ



facebook




twitter



mixi



shop



メルマガ購読希望の方はメールアドレスを登録してください
作者はどんな人?


なまえ
ひるね

生まれたところ
東京都武蔵野市

いま住んでいるところ
大阪市住吉区

好きな飲み物
珈琲ひとすじ

好きな音楽
ラテン
アラビック
ジプシー
ボリウッド

好きな色
こげちゃいろ

性格
まじめ時々いいかげん
人見知り
ほんとに人見知り
いたずら好き
けっこうガンコ
熱したら冷めにくい
かなり自己中
じつは毒舌
天才(自称)
いらんことしぃ
精神年齢6歳


好きなコト
耳ほじ
料理
いたずら
手づくり
空想
もぐもぐ
へんな踊り
珈琲の匂いをかぐ

ファンレターを読む
(待ってま〜す♪)
はなうた
ベランダ食堂の接客
地図をながめる
オヤビン風をふかす
レトロ

苦手なコト
争い
早起き
注射
世渡り
計算


最近うれしかったコト
友だちが結婚した
友だちが本を出版した


最近残念だったコト
どうやら少し太った


もっと作者を知りたいヒマな人へ

おたよりはコチラへ♪
◆メールはこちら◆
mail@lasponchas.com


◆おたよりはこちら◆
〒558-0003
大阪市住吉区長居
1-5-19-303
ラスポンチャス
過去の記事をよむ