ひるね式美術教室でした

地元大阪市の児童施設で毎月開催している「ひるね式美術教室」でした。

予想していたとおり、冬休みがはじまった子供たちは浮かれ気分(笑)
ワァワァキャアキャア、てんやわんやの楽しい教室。

この教室も来月から3年目。
毎回発見があり、毎回ドキッとし、毎回子供の気力にあたり、毎回たのしい、そんな教室です。

ひるね式美術教室201612



教室が始まってからいままでずっと、黒色しか使わない子供Aちゃんがいました。
顔でも樹でも動物でも、なんでも黒で塗りつぶすんです。しかもけっこう力強く。

「きれいな」絵ばかり見ている大人がみたら「この子、だいじょうぶかしら?」なんて思っちゃいそうな感じに、黒一色でぬりつぶしていました。

はじめはAちゃんの心理状態とか精神状態とかが気になりました。
なんで黒しか使わないんだろう?
なぞです。

Aちゃんが描いている様子をよくみていると、紙一面を黒で塗りつぶしているのではなく、手は手、葉っぱは葉っぱ、という風に、形をとらえて、それぞれを黒い色でうめています。
その様子をみていて、なんとなく「だいじょうぶ」という気がしました。

彼女自身が無邪気で朗らかだったから、というのもあります。


周りの子供は「うわー、きたない」なんてちゃかしたりしますが、私は「これはAちゃんの絵なんだから、Aちゃんが描きたいように描いたらいい」と言いました。


そんな風に見守りながら教室を続けている間、Aちゃんはいつも黒を選んでいました。
ところが最近、彼女の色づかいが変わってきました。

たくさんの色を、しかも複雑に使うようになったのです!



カラフルに描くようになったね



彼女のなかで、なにかが腑に落ちたのでしょう。
一歩一歩すすんでいるうちに、Aちゃんが自分の道をみつけることができた、そんな風に見えました。


カラフルに色をぬるようになったAちゃんの後ろで、私は「よっしゃ!!」と心のなかでガッツポーズをしていたのでした。
\(^o^)/

2016年12月30日 *16:21│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
このブログは
このブログは「ひるね」が書いています。

ラスポンチャスというキャラクターの作家をしていた2015年10月。絵本の取材のために入った山でアカゲラに出会ったのがきっかけで野鳥のとりこになり、それからというもの鳥の絵ばかり描いています。

「野鳥生活」という名前で百貨店などに出店しています。



twitter



shop

作者はどんな人?


なまえ
ひるね

生まれたところ
東京都武蔵野市

いま住んでいるところ
大阪市住吉区

好きな飲み物
珈琲ひとすじ

好きな音楽
ラテン
アラビック
ジプシー
ボリウッド

好きな色
こげちゃいろ

性格
まじめ時々いいかげん
人見知り
ほんとに人見知り
いたずら好き
熱したら冷めにくい
じつは毒舌
いらんことしぃ
精神年齢6歳


好きなコト
いたずら

地図をながめる


苦手なコト
争い
早起き
注射
世渡り
計算


最近うれしかったコト
いい絵が描けた


最近残念だったコト
どうやら少し太った


もっと作者を知りたいヒマな人へ

おたよりはコチラへ♪
◆メールはこちら◆
mail@lasponchas.com


◆おたよりはこちら◆
〒558-0003
大阪市住吉区長居
1-5-19-303
ラスポンチャス
過去の記事をよむ