ひるね式美術教室の個別授業で

地元大阪の児童施設で開催している「ひるね式美術教室」。
職員の方からリクエストをいただき、子供と一対一の個別授業を受け持つようになりました。

個別授業といっても進学塾の特進クラスのようなものではなく、子供の情緒安定をねらったアートセラピーのような感じ。

職員の方があげた生徒候補のリストをみると、いつもの教室でも特に注意が必要な、小学校で言えば、お家の方が学校に呼び出されそうな、そんな子供の名前が並んでいました。

「この子に個別で教えるのはなかなか大変かもしれないな」と思うと同時に、職員の方がそれだけ私を信頼してくださっているんだなぁと、うれしくも思いました。


職員の方と話し合い、Nちゃんが生徒に決まり、去年の夏ごろから個別教室が始まりました。

数年前に別の施設から移って来たNちゃんは、小学校高学年ではあるけれど、「自分とは」ということがまだわかっていない様子で、精神面はまだ幼稚園くらいに感じます。


今の施設に移ったばかりのころは本当にそれが顕著で、彼女とどう接したらいいんだろう? 彼女のこの行動は何の裏返しなんだろう? と、とまどうことが続きました。

教室には参加するんだけど、あまり熱心に課題をやらず、他の子にちょっかいかけたりするので、進行役としてはちょっと手強い存在でもありました(笑)


それが、どういうきっかけがあったのか、一年くらいしたころから、Nちゃんが積極的に課題に取り組むようになりました。
なにがあったのか、なにがよかったのかは、いまだにわからないのだけど。
私をためしていたのかもしれませんね。


そして、ひるねさんの個別授業が始まるよ、となったときに、Nちゃんの方から「やりたい!」と申し出があったんだそうです(うれしいねえ!)。


そんなわけで、去年の夏から、Nちゃんと私だけの美術教室が始まりました。

この教室で私が一番気をつけているのが「絵や美術をきらいにさせないこと」です。

百貨店などのワークショップでなんども見てきました。
親御さんがよかれと思ってしていることや言葉が、子供の気持ちにブレーキをかけてしまっているのを。
せっかく子供がやる気になっているのに、その芽をブチっと抜いてしまっているところを。

よかれと思った行いが、逆に子供のためになっていないなんてかなしいよね。

自分が子供に対してそういう態度をとっていないか、そういう言動をおもわずしていないか、そこに一番気をつけています。


しかも、個別授業の内容は、デッサンだったり、クロッキーだったり、小学生位の子供にとってはあまり面白くない内容です。
でも、絵の上達のためにはさけて通れません。

クロッキーやデッサンは、それ自体は面白くないけど、子供に絵の「理論」を説明するのに、とても有効だからです。

子供は「四角い箱は四角い」ということが、目で見て知っていても、理論ではわかっていないからです。


子供が絵を描くのが好きになるとき。それは、想い通りに上手に描けたとき、楽しく描けたとき、そんなときだと思います。

そのために、子供が楽しく描くための工夫、上手に描けるようになる工夫をするのが私の役目です(これがなかなか大変なのです笑)。



先日、うれしいことがありました。

将来の夢


写真は、Nちゃんが学校の図画工作の時間に作った粘土像です。
「将来じぶんが成りたいもの」というテーマで、粘土で大人になった自分をつくる課題だったそうです。

Nちゃんが選んだ「将来のじぶん」は、「絵描きさん」でした。
この粘土像は、絵筆とパレットをもってイーゼルに向かう将来のNちゃんの姿です。
Nちゃんは今、絵を描くのが好きみたいです。
絵を教えている者として、こんなにうれしいことはないですよね!

なによりこの像がとても楽しそうに絵を描いているのが、Nちゃんの未来は明るいんだって言っているみたいで、わたしには、本当に、本当に、しあわせに感じるのです。


2017年01月13日 *06:35│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by まいまい   2017年01月13日 18:31
素晴らしいですね!

私たち、親という存在は、そばにいながら子どもたちのすべてをわかっているとは限らない。それは親に全てを見せているとは限らないからです。
だから、どんな親であっても子どもの芽を時に摘んでしまうこともあるだろうし、完璧に伸ばせるということはないと思います。

親がいない子どもは誰も信用することができません。
その扉を開けてくれたのですね。

素敵な粘土像です!!!

この記事にコメントする

名前:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ラスポンチャスとは?


ラスポンチャスは
頭巾をかぶった6人ぐみ
好奇心いっぱいのおんなのこ
どこへいくにも
いつも一緒の6人だけど
ひとりだけ
よそ見をしている子がいるよ



facebook




twitter



mixi



shop



メルマガ購読希望の方はメールアドレスを登録してください
作者はどんな人?


なまえ
ひるね

生まれたところ
東京都武蔵野市

いま住んでいるところ
大阪市住吉区

好きな飲み物
珈琲ひとすじ

好きな音楽
ラテン
アラビック
ジプシー
ボリウッド

好きな色
こげちゃいろ

性格
まじめ時々いいかげん
人見知り
ほんとに人見知り
いたずら好き
けっこうガンコ
熱したら冷めにくい
かなり自己中
じつは毒舌
天才(自称)
いらんことしぃ
精神年齢6歳


好きなコト
耳ほじ
料理
いたずら
手づくり
空想
もぐもぐ
へんな踊り
珈琲の匂いをかぐ

ファンレターを読む
(待ってま〜す♪)
はなうた
ベランダ食堂の接客
地図をながめる
オヤビン風をふかす
レトロ

苦手なコト
争い
早起き
注射
世渡り
計算


最近うれしかったコト
友だちが結婚した
友だちが本を出版した


最近残念だったコト
どうやら少し太った


もっと作者を知りたいヒマな人へ

おたよりはコチラへ♪
◆メールはこちら◆
mail@lasponchas.com


◆おたよりはこちら◆
〒558-0003
大阪市住吉区長居
1-5-19-303
ラスポンチャス
過去の記事をよむ