つちはんみょう

先月、山梨県早川町の野鳥公園に納品&取材にたずねたときに、レンジャーの戸田さんに教えてもらった絵本。

しでむし


わたくし、鳥の絵なぞ描いておりますけれども、む、む、虫はちょっと苦手なのであります。
苦手なのでありますが、わけあってこの絵本を購入してしまいました。

早川町を訪れたこの日、戸田さんと鳥を観察しに山や森を案内してもらったときに、シカの骨が骨格が判る状態で道に横たわっておりました。
肉はすでになく、骨と獣毛だけになっておりました。
おそるおそる覗き込むと、コガネムシみたいにキラキラした虫や、何種類ものアリのような虫、トンボをさらに引き延ばしたような虫、私には「虫だ」ということしかわからない虫たちが忙しく働いておりました。

戸田さんはその遺されたシカを観察しながら、まずカラスが来て尻から内蔵をこの辺りにひっぱりだしたんだろう、その内蔵に来る虫たちがまだここにいますね、こっちは蹄の中の骨と外側の軟骨、毛を分解する虫がまだ少しいますね、(あたりを見回して)あそこの斜面からずり落ちてこの向きでここまで引きずられたんでしょう、ウジ虫は肉がなくなったこの段階ではあまりみませんね、この骨の下にあるのは髄液ですよ、このシカの性別は、、、。

などと、骨と毛だけの手がかりからからいろんな事を読み取って、聞かせてくれました。
まるで2時間ドラマに出て来る監察医のようです!
川越に室生亜希子がいるのなら、早川町には戸田みきおがいるのですな。

野鳥を学ぶために自然のことも学んでいるわけですが、虫も避けて通れないんだな……。
やだな、きもちわるいな……。
でも避けて通れないよな。
けどやっぱりちょっときもちわるいな。
でも鳥を理解するためには…………。
わたくしの可憐な乙女心がミヤマカタバミのように葛藤するのでありました。

そんなところへこの絵本です。
かなりリアルに描かれていますが、なんといっても美しいのでついつい引き込まれてしまいました。
あぁ、私もこういう絵を描きたいなぁ……。

大阪に帰ってきてさっそく購入した、というわけなのです。
私の頭のなかの世界が、また少し広がったような気がします。
3秒以上みつめていられないページもありますが(笑)
2017年08月05日 *22:35│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ラスポンチャスとは?


ラスポンチャスは
頭巾をかぶった6人ぐみ
好奇心いっぱいのおんなのこ
どこへいくにも
いつも一緒の6人だけど
ひとりだけ
よそ見をしている子がいるよ



facebook




twitter



mixi



shop



メルマガ購読希望の方はメールアドレスを登録してください
作者はどんな人?


なまえ
ひるね

生まれたところ
東京都武蔵野市

いま住んでいるところ
大阪市住吉区

好きな飲み物
珈琲ひとすじ

好きな音楽
ラテン
アラビック
ジプシー
ボリウッド

好きな色
こげちゃいろ

性格
まじめ時々いいかげん
人見知り
ほんとに人見知り
いたずら好き
けっこうガンコ
熱したら冷めにくい
かなり自己中
じつは毒舌
天才(自称)
いらんことしぃ
精神年齢6歳


好きなコト
耳ほじ
料理
いたずら
手づくり
空想
もぐもぐ
へんな踊り
珈琲の匂いをかぐ

ファンレターを読む
(待ってま〜す♪)
はなうた
ベランダ食堂の接客
地図をながめる
オヤビン風をふかす
レトロ

苦手なコト
争い
早起き
注射
世渡り
計算


最近うれしかったコト
友だちが結婚した
友だちが本を出版した


最近残念だったコト
どうやら少し太った


もっと作者を知りたいヒマな人へ

おたよりはコチラへ♪
◆メールはこちら◆
mail@lasponchas.com


◆おたよりはこちら◆
〒558-0003
大阪市住吉区長居
1-5-19-303
ラスポンチャス
過去の記事をよむ