ひるねのねごと


とりかふぇ

60560728_2306873912742022_7451174689784725504_n

来月阪神百貨店で開催の「心うるおう小鳥ガーデン」では野鳥生活からもオカメインコ作品を出すので、ペットの鳥とふれあえる鳥カフェに取材に行ってきました。
みっちりじっくり観察できたので、オカメちゃんの色鉛筆画のほか、マンガステッカーも出せるかも!
オカメファンの方はおたのしみに!

2019年05月15日 *22:45│Comments(1)


ばっちり

D6m7MfRUcAAFUoY

印画紙にプリントした野鳥の色鉛筆画、フレームとの相性もバッチリ☆
来週22日〜あべのハルカスで開催の「小鳥のアートフェスタ」にてお披露目です。
2019年05月15日 *18:44│Comments(1)


いんがし

D6f6IbVUcAAzjMf

複製画のテストプリント中。
印画紙は色がしっかり出るなぁ!
2019年05月14日 *22:43│Comments(0)


某会某地方支部

GWに出店したタカシマヤ大阪店と三宮さんちか催事。
おかげさまでどちらも盛況のうちに終わりましてありがとうございました!
 
タカシマヤは夏休みシーズンにまた呼んでもらえそうです♪
うれしい!\(^▽^)/ 
 
 
さて。
さんちかの方は常駐しないおまかせスタイルだったのですが、中日ころに売場の手直しにおじゃましました。
 
たくさんの人が手にとってくれているのでしょう、ぐちゃぐちゃです(笑)。
 
 
ステッカーを並べなおしていると、5〜6人組の初老の方が通りかかりました。
 
 
うちの商品をながめてひとりのじいさんが言いました。
 
「ふ〜ん……野鳥生活? 鳥の? 絵? この人たちはうるさいよー、ちゃんとやらないと!」
 
 
なぜでしょう。
もの凄い上から目線です。
 
   
しかし!
 
ひるねちゃんは大人です。
 
 
「わ〜、お詳しいんですね〜〜〜(ウラ声で)」
 
「なにかおかしな点があったら教えてくださいますかぁ〜〜〜?」
 
売場でお客さんともめるのはイヤですからね。
ここは下手に出ます。
 
 
「こんな可愛いらし描いてるけどな」
 
うちのステッカーをながめてジイさんが言います。
 
 
「わしらは某会の某支部だからな」
 
 
某会の某支部だからなんだと言うのでしょう?
うちの、野鳥生活の商品がご不満なのでしょうか。 

 
「たとえばな、このメジロや!」
 
79_メジロ3




ジイさんが「め・じ・ろ・お・し」のステッカーを手に取っていいます。
 
 
「メジロはな、白いアイリングでメジロなんや。でもよお観たらな…………」
 
 
キタキタ!
メジロのアイリングは実は完全な円ではなく目先の部分が白くないことを言いたいんだな!
 
だがジイさん、残念だったな!
野鳥生活のメジロのアイリングはちゃんと「C」の字だよ!
 
 
「め・じ・ろ・お・し」のステッカーをしげしげとみつめてジイさんが言います
 
 
「このアイリングがな…………、…………。よお描けとるんや!」
 
 
「ありがとうございます!!!」
 
 
アイリングを丸く描いていると思っていたんでしょうね。
それを指摘して優越感に浸りたかったんでしょうね。

すみませんね、ちゃんと描いてて(笑)。

 
メジロのアイリングを丸く描いて鳥学会に出られるかっつーの!
全方位から指摘受けるわ!
 
 
 
某会某地方支部のご老人方ってこういう感じの人が多い気がします。
本部の皆さんや地方支部でも若い方は謙虚な感じの方が多いのに、なんででしょうね。
 
 
餌付けして写真撮る馬鹿者もいます。
道路いっぱいに三脚広げてスコープ据える迷惑者もいます。 
 
そして指摘しても開き直ります。
 
 
私が地方支部会員になりたくない理由です。
 
 
その上から目線のジイさんはちっちゃくなって立ち去ってゆきました。

2019年05月08日 *20:21│Comments(0)


なぜすずかすてらか

なぜ唐突に鈴カステラなのかというと、たがわさんがいま、鈴カステラのようになっているからであります。
鳥類標識調査の修行中のたがわさん。
炎天下での修行だったようで、帰ってきたら鈴カステラになっていました。

D5FRINWUwAE2oPT

2019年04月26日 *23:08│Comments(0)


すずかすてらかいた

急ぎ納品のめどがついたので鈴カステラ描いた。
かかった時間は一時間くらい。

D5FNPhRUwAEjPg2

2019年04月26日 *20:07│Comments(0)


しらないおっさん

6月の百貨店催事は野鳥生活からもオカメインコ作品を出すことになっているので神戸動物王国に取材に行ったんだけど、入ってすぐのオシドリ池で足が止まってしまい、オカメインコが放されている部屋にたどり着いた時には入室受付が終わってた。
 
しかたなく金網越しに観察してきた(涙)。
知らないオッサンがオカメインコを愛でているのを金網越しに双眼鏡で観るわたし、めちゃんこ怪しい人なのでした。


D48SEf3U8AE7fpp
D48SEf3U8AE7fpp

 


オカメインコを「ちゃんと」描きたいので、できるだけ取材には時間をかけたいと思っています。
 
ほんとは豪州に野生のオカメを観に行くのが一番なので計画してみたんだけど、それだと6月の催事に間に合わないので、国内で取材を重ねています。
 
鳥は、人様の写真や動画を見ただけではちゃんと描けないです。
2019年04月25日 *02:06│Comments(0)


きゃばくら

接客中にお客さんと、動物園や花鳥園などで観た鳥種をライフリストに入れるかどうかという話になった。
私は入れない派だけど、その理由を「キャバクラで会った娘を恋愛経験に数えるみたいでイヤだから」と説明したら思いのほかウケたので今後もセールストークに使おうと思う。
2019年04月23日 *02:04│Comments(0)


ありがとうございました

鳥フェス仙台、2日間ありがとうございました!
仙台の滞在中は毎朝広瀬川で野鳥観察できて楽しかったです(明日も行きます)。



D4rM_7MUEAA2GKq




野生のオシドリやカワアイサをこんなに近くで観られるなんて、私は生まれ変わることがあったら、広瀬川の草になりたいです(岩でも可)。

2019年04月21日 *20:04│Comments(0)


にほんもなかがっかい

日本最中学会の会員としては、やはり仙台に来たのですからこちらを。

D4mLxx_UUAAwGBl


#そんな学会はない
2019年04月20日 *20:02│Comments(0)


ひろせがわらぶ

仙台にて野鳥観察を満喫中!
いいわ〜広瀬川。
オシドリいるしカワアイサいるしコガモいるしセグロセキレイ祭りだしハヤブサ営巣しとるし。
いいわ〜広瀬川。
アライグマおるけど。
棲みたいわ〜広瀬川。
アライグマおるけど。
明日は早起きして、#鳥フェス仙台 の前にもっかい行くつもり。


D4gnmpBUYAA06vb


写真は街中の公園に落ちてたエビフライ。
おるんかな、リス。
2019年04月19日 *19:00│Comments(0)


やぎやまどうぶつこうえん

#鳥フェス仙台 は土日ですがせっかくの仙台出張なので、前乗りして野鳥観察を堪能しております。八木山動物公園動物公園にも参りまして、シジュウカラガン、マガン、サカツラガン、アカツクシガモ、イヌワシ、オオワシなどをじっくりと観てきました。絵に活かします!

D4bkQM4UcAU_3Y7

2019年04月17日 *20:59│Comments(0)


つぎは

野鳥の色鉛筆画、つぎに描くのはこの子。
目とクチバシは私が野鳥を描くうえでもっとも重要視している部分で、ここが思い通りに描けると、その絵を描いているあいだずっとしあわせです。
目には命が、クチバシにはその鳥の生き方が出るような気がするからです。

D34L_8rU0AU8PrQ

2019年04月11日 *11:53│Comments(0)


つくりこみ

ずっと絵を描いていたいけど商品の作り込みもしなくちゃ!
夏にかけtて大きい催事出店が続くのでいまから制作しないと間に合わない(汗)。
画像は小さい額縁を制作してるところ。
ヤスリ掛け
防カビ材塗布
ジェッソ塗布
盛り上げ材塗布(←いまここ)。
指でやるので指紋がなくなります(笑)。

D3x-WRIW0AEB28e

2019年04月10日 *01:50│Comments(0)


かんせい

キセキレイの色鉛筆画、完成!
プロポーズしてるとこを描きました。
いくつも色を重ねて何度か心折れそうになったけど、最後ハイライトを入れる時にその我慢して色を重ねた成果がバッチリ出て、ひとり勝利をかみしめました。
上は使った色鉛筆。
かかった時間は30時間くらい。

キセキレイ描けた

2019年04月09日 *11:49│Comments(0)


よっかめにして

野鳥の色鉛筆画、4日目にしてやっと主役の鳥を描ける!
やっぱり鳥を描くほうがたのしい!

D3quhwwV4AAzMBo

2019年04月08日 *08:48│Comments(0)


つぎは

野鳥の色鉛筆画、つぎに描くのはこの子達。
描きはじめて5時間ほど経ったけどまだしばらく下地作りが続く。
この絵も描きたい情景がはっきりあるので、地道に色を重ねて理想に近づけてゆきます。

D3aw_BHUUAAr7en

2019年04月06日 *06:46│Comments(0)


かんせい

ヒヨドリ3羽目


ヒヨドリの色鉛筆画、完成!
雨のなかしずかにたたずむ姿を描きました。
すべて受け入れて生きる覚悟があるような、そんなヒヨドリの気高さ。
描きながら絵と私が交じる感じがしました。
この感情がなんなのか、言葉にできない。
2019年04月05日 *05:45│Comments(0)


かしかしかし

カシカシカシカシ………
ヒヨドリの色鉛筆画、ひたすら樹皮の描きこみ。

D3UmYxqU8AIb9y_

2019年04月05日 *01:44│Comments(0)


ちびた

ちびた鉛筆のけなげさよ。

D3SkNUXV4AIAhSw

2019年04月04日 *14:43│Comments(0)


つぎはこのこ

野鳥の色鉛筆画、次はこの子。

D3QXxmMUUAEorWE

2019年04月03日 *05:42│Comments(0)


かけた

ハシボソガラス一羽目、完成。
手こずるかと思ったけどわりかしスムーズに描けた。
うえは使った色。
かかった時間は12時間くらい。


ボソ描けた

2019年04月02日 *01:42│Comments(0)


やっとしゅやく

描きはじめて8時間、やっと主役に取りかかりました。
眼とクチバシがいい感じに描けるとグッと絵に気持ちが入れる。


D3GMcV6U8AAc9U0

2019年04月01日 *01:41│Comments(0)


さんがつは

振り返ってみると3月は練習の一ヶ月だった。
その成果や如何に。
ということで、作品としての絵を描き始めました。
浜辺のハシブトガラス。
我ながら無茶なハードル設定に笑うけど、無性に描きたくなったのでチャレンジ!
ここまでで5時間。

D3FImFcU8AACSfk

2019年04月01日 *01:40│Comments(0)


さくらのはなびら

色鉛筆で桜の花びらを描きました。
曇りの日は色がもっとも美しくみえる気がします。
左は使った色。

D2-nLZjU0AA9jST

2019年03月31日 *01:39│Comments(0)


ごみをひろうりゆう

私がフィールドでゴミを拾うのは2つ理由がある。
ひとつは野鳥とゴミを同時に観たくないから。
もうひとつはそのゴミを自分が捨てたと思われたくないから。
道徳心からではなく自己中心的な理由です。
2019年03月29日 *01:38│Comments(0)


なみうちぎわごまいめ

曇った日の波打ち際を色鉛筆で描く練習、五枚目。
貝殻があると「らしく」見えちゃって練習にならないと思って海と砂だけを描くことにした。
海の表現はだいぶ理想に近づいてきた。
あとは砂の乾いた部分と濡れている部分の質感の描きわけ。
ミユビシギはまだ先だー。

D2P6k3uUYAA9jvd

2019年03月22日 *01:35│Comments(0)


なみうちぎわ

曇った日の波打ち際を色鉛筆で描く練習。
4枚目でやっと「色のあり方」がわかった。
ような気がする。

あとは、海の水の連続した感じと、手前の砂と水際の砂の質感の描きわけ。
難題だけど、これができたらいい波打ち際が描けるはず。
がんばれ、わたし。

D2L1vrYUkAIEnvG

2019年03月21日 *01:34│Comments(0)


からす

カラス拾えるか1


アパート階段の踊り場から何気なく外を眺めたらカラスの亡骸を発見!
カラスの細密画を描くために取材を続けている最中に出会えるなんて、なんというタイミング!
クチバシやおでこやヒゲをじっくり見せてもらえるチャンス!!
胸躍らせて上階へ回収に向かったら、


カラス拾えるか2


なんで仰向けなんだろと思ったら、ワイヤーかなんかに首が引っかかって死んでしまったようだ。かわいそうに……。
でも、うーん、なんかへんだなあ。

よく見たら、人口のカラス人形だった。

カラス拾えるか3




そういえば昨年はアパートの屋根の縁にハトが巣を作ってて、階段の踊り場によく羽根が落ちてたっけ。だれかが管理人に通報したのかな。ハトいやな人もいるもんね、しかたない。
と思ったら


カラス拾えるか4



_人人人人人人人人人人人人_
>  ハトおるやん!  く
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


2019年03月21日 *01:32│Comments(0)


またさいかい

生態学会が終わり、曇った日の波打ち際を描く練習を再開。
だいぶこねくり回しちゃっているけど、まだつかめない。。。
うぬーー。
かわいた枯葉を描くのも難しかったけど、曇りの波打ち際もけっこう難しいなあ。
でもミユビシギ描きたいからこの壁は越えたい!


D2HSvbtU4AApbpq

2019年03月20日 *01:29│Comments(0)

ラスポンチャスとは?


ラスポンチャスは
頭巾をかぶった6人ぐみ
好奇心いっぱいのおんなのこ
どこへいくにも
いつも一緒の6人だけど
ひとりだけ
よそ見をしている子がいるよ



facebook




twitter



mixi



shop



メルマガ購読希望の方はメールアドレスを登録してください
作者はどんな人?


なまえ
ひるね

生まれたところ
東京都武蔵野市

いま住んでいるところ
大阪市住吉区

好きな飲み物
珈琲ひとすじ

好きな音楽
ラテン
アラビック
ジプシー
ボリウッド

好きな色
こげちゃいろ

性格
まじめ時々いいかげん
人見知り
ほんとに人見知り
いたずら好き
けっこうガンコ
熱したら冷めにくい
かなり自己中
じつは毒舌
天才(自称)
いらんことしぃ
精神年齢6歳


好きなコト
耳ほじ
料理
いたずら
手づくり
空想
もぐもぐ
へんな踊り
珈琲の匂いをかぐ

ファンレターを読む
(待ってま〜す♪)
はなうた
ベランダ食堂の接客
地図をながめる
オヤビン風をふかす
レトロ

苦手なコト
争い
早起き
注射
世渡り
計算


最近うれしかったコト
友だちが結婚した
友だちが本を出版した


最近残念だったコト
どうやら少し太った


もっと作者を知りたいヒマな人へ

おたよりはコチラへ♪
◆メールはこちら◆
mail@lasponchas.com


◆おたよりはこちら◆
〒558-0003
大阪市住吉区長居
1-5-19-303
ラスポンチャス
過去の記事をよむ